TAG

自治体

  • 2021年10月14日

自治体DXで地域活性化――進め方や推進体制について解説

地方自治体では職員の人手不足が大きな問題となっています。職員数が減少する中、災害時や地域課題の対応業務は年々増加しています。 コロナ禍を機にこの問題が顕在化し、近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用した業務効率化を進める流れが広がってきています。 しかし、これから取り組む自治体の中には「DXの進め方はどうすればいいのか」「どんな推進体制が必要なのか」という声も少なくありません。 本記 […]

  • 2021年10月14日

公民連携プロジェクト、住民総合ポータルアプリ「しわなび」をリリース 岩手県紫波町とエルテス

岩手県紫波(しわ)町とインターネット関連事業を手がけるエルテスは2021年9月8日、両者の公民連携プロジェクト第1弾として住民総合ポータルアプリ「しわなび」をリリースしたと発表した。 しわなびは、紫波町が提供するさまざまな情報をいつでも、どこでも得られる総合ポータルアプリ。誰でも無料で利用できる。 しわなびでできること アプリのホーム画面から直接、町のホームページにアクセスでき、町からのお知らせや […]

  • 2021年9月30日

コロナ禍で注目、U・Iターン推進の事例を紹介――オンライン活用が鍵

人口減少・少子高齢化が進む中で、地域の活性化を図るために、都市部から人を呼び込むUターン・Iターンを推進することは、地方自治体にとって重要な課題になっているといえます。 特に、今日のように新型コロナウイルスの感染拡大で地域をまたいだ移動や対面での交流が難しくなる中では、より工夫を凝らした対策が必要不可欠といえるでしょう。 しかし全国には、さまざまな施策により移住推進に成功している自治体がいくつもあ […]

  • 2021年9月29日

自治体DX推進に必要な人材育成・研修のやり方、支援企業は――先行事例から研究

自治体のDX(デジタル・トランスフォーメーション)が、社会的な課題となっています。長引くコロナ禍で、満を持してデジタル庁が発足。DXが国を挙げた合言葉になっているのは、すでに皆さんご存じでしょう。なかでも、自治体のデジタル化で行政手続きが効率化し、自治体だけでなくそこに暮らす人々にまで、大きな変革(トランスフォーメーション)が及ぶことが期待されています。 自治体DXを成功に導くポイントは、デジタル […]

  • 2021年9月29日

Uターン/Iターンを増やすには――効果的に促進させる方法を考える

大都市に住む人々を、地方に誘引して住んでもらい、地方活性化につなげたいと考える関係者は多いでしょう。コロナ禍により、テレワーク推進の流れができ、その結果地方移住に実現性が高まってスポットが当たりやすくなったことは、地方活性化にとってはチャンスともいえます。 UターンやIターンの促進は、地方の活気を取り戻す施策として、重要なものの1つです。ただ、効果的な施策を実施するには、実際にUターン/Iターンを […]

  • 2021年9月22日

TECH人材向けコミュニティ型賃貸住宅運営のCEspace、北九州市と連携協定

ウィルグループの関連会社で、ITエンジニアなどTECH人材向けコミュニティ型賃貸住宅「TECH RESIDENCE(テックレジデンス)」を展開しているCEspaceは2021年9月7日、北九州市との間で、市内企業のDX推進やIT人材交流、ワーケーションによる人口創出に向けた連携協定を締結したと発表した。 CEspaceは、ITエンジニアやWebデザイナーらを対象にしたマンションやシェアハウスなどの […]

  • 2021年9月22日

DXで地方創生――メリットや好事例、給付金について解説

多くの地方の自治体は、「抱えている業務が多すぎる/多岐に渡り過ぎる」などの悩みを抱えています。また、地方の人口減を食い止めるため、地方創生につながる取り組みを実践していく必要もあるのです。 こういった悩みをDX(デジタルトランスフォーメーション)を活用して解消・解決し、地方創生に繋げている取り組みの事例が少しずつ増えてきています。 本記事では、自治体がDXを推進するメリット、好事例と、「地方創生臨 […]

  • 2021年9月22日

遺族支援のDX、25都府県80自治体と提携 鎌倉新書

葬儀や相続に関する情報提供など終活に関わるサービスを展開している鎌倉新書は2021年9月7日、官民協働事業を提携する自治体が25都府県80自治体になったと発表した。 国はデジタル・ガバメント実行計画の一環として、自治体での「死亡・相続ワンストップサービス」導入を推進している。これを受け、同社は2021年3月、終活や遺族支援に取り組む自治体をサポートするための官民協働事業をスタートした。 連携の主な […]

  • 2021年9月14日

DX推進へAI音声文字起こしツールの活用を検証 長野県と時空テクノロジーズが実証実験

AIによる音声文字起こしサービス「ログミーツ」を提供している時空テクノロジーズは2021年8月30日、自治体でのログミーツ導入の効果を検証する実証実験を長野県内で始め、県や上田市、諏訪市など15の自治体が参加していると発表した。 長野県は県と市町村が連携してDXを推進するため、2020年7月に「長野県DX戦略」を策定し、県内77市町村が参画する長野県先端技術活用推進協議会を設置している。 実証実験 […]

  • 2021年9月14日

行政DXを推進する自治体アプリ「Visionary Mate」の実証実験を行う⾃治体を募集 スパイスファクトリーとJ-WAVE i

DX支援のスパイスファクトリーと、音声コミュニケーションアプリの開発を手がけるJ-WAVE iは2021年9月1日、自治体向けの全世代参加型コミュニティアプリ「Visionary Mate」を共同展開すると発表した。 住民への広報や、地域のコミュニティ活動を支援する機能があり、両社はアプリを使った実証実験を行う自治体を募集している。 スパイスファクトリーは、DX推進を支援するスタートアップとして2 […]