宇都宮市の市民向けサイトに操作方法のナビゲーションシステムを導入 テックタッチ

Webシステムにノーコードでナビゲーションを設置できるSaaS「テックタッチ」を提供するテックタッチは2021年11月4日、宇都宮市などが共同運営するアクセラレータープログラム「宇都宮アクセラレーター2021」に採択され、テックタッチが市運営の市民向けサイトに実装されたと発表した。

「少子・超高齢化社会に必要な『ヒトにやさしい自治体DX』の実現」を目的にした事業で、IT 操作に不安を感じている人や高齢者でも簡単にシステムを操作でき、誰もがDXの恩恵を最大限に享受できる社会を目指すという。

テックタッチとは

テックタッチは、業務システムの画面上にリアルタイムで表示されるナビゲーションを、ノーコードで作成できるSaaS。19年から提供を始め、主に大企業やクラウドサービス提供企業が、社内業務システム用やユーザーの利便性向上用として導入し、累計ユーザーは47万人にのぼる。

操作に迷わない「ヒトにやさしい自治体DX」

宇都宮アクセラレーター2021は、ベンチャー企業やスタートアップの支援を手がけるコンサルタント会社01Boosterと宇都宮市が共同運営する事業化支援プログラム。創業間もないベンチャー企業や、新事業を立ち上げる中小企業などを対象に、地域の産学官が一体となって成長を支援する。


テックタッチが提案したのは、自治体システムへのナビゲーションの実装で、市民らがサイトなどを操作したときの操作に迷う回数の減少や操作時間の短縮を図る。また、これによって自治体職員への問い合わせ回数を減らし、業務効率化につなげられるかを検証する。

関連リンク

プレスリリース

Was this post helpful?