3D-Viewを作成・一元管理する映像サービス「Beamo」を提供開始 エヌ・ティ・ティ・ビズリンク

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク(NTTビズリンク)は2021年8月10日、市販の360°カメラとスマートフォンを使って、簡単に建物の3D-Viewを作成し、一元管理できる映像サービス「Beamo(ビーモ)」の提供を開始した。カメラで撮影したデータをクラウド上にアップロードすれば、そのまま3D-Viewを作成でき、作成した撮影データは国内のクラウドで安全に保管される。

このサービスは、NTTコミュニケーションズが、写真の3D-View化技術を持つ米3iとパートナーシップを締結して開発。テレビ会議サービスなど映像系事業に強いNTTビズリンクが提供することになった。

同社では、リモートによる現場調査や報告資料の作成のほか、研修素材の作成、作業前の安全確認、顧客向けリモート内覧などへの活用を想定している。

スマートフォンの機能を活用して撮影

GPSが使えない室内でも、スマートフォンのジャイロ機能を利用して自動で撮影位置を特定し、図面上に撮影ポイントをプロットできる。このため専用の機器を購入したり、専用業者に依頼する必要がない。

3D空間内での計測が可能

3D-Viewの中には、寸法や距離の測定ができるメジャー機能があり、この機能を使えば、現地に足を運ばなくても資器材などの運搬経路や設置場所、室内のレイアウトなどを検討できる。また、3D空間上にタグ付けする機能もあり、注意事項などを動画や画像、文章で埋め込める。

データの保管量は無制限

作成した3D-Viewは、データ量無制限でクラウド上に保管できる。このため、建物設備の建設から運用、解体までの経過をその都度記録として残しておける。

関連リンク

プレスリリース

Beamo公式サイト

Was this post helpful?