「BtoBプラットフォーム 請求書」、Slack連携アプリの提供を開始

企業間取引(BtoB)での受発注や請求書発行、契約書締結などをクラウド上で管理する「BtoBプラットフォーム」を運営するインフォマートは2021年8月3日、請求書の発行や受け取りを電子化する「BtoBプラットフォーム 請求書」をビジネスチャットツール「Slack(スラック)」と連携させるアプリをリリースしたと発表した。

アプリの利用は無料。アプリをインストールすると、その都度「BtoBプラットフォーム 請求書」を立ち上げなくても、「Slack」上で受け取った請求書の確認や承認、差し戻しなどができるようになり、承認の迅速化、業務の効率化が図れる。

「BtoBプラットフォーム 請求書」とは

請求書の発行から受け取り、保存まで完全データ化するクラウドサービス。大量の電子請求書を自動で作成、発行できるほか、相手からの請求書もデータで受け取り、そのまま電子保管できる。また、会計システムや販売管理システムと連携し、データを一括処理することも可能なので、ペーパーレスや業務の効率化を進められる。

企業に合わせて機能をカスタマイズ

システムの導入にあたっては、インフォマートのコンサルタントが無料で最適な設計を提案し、導入時には専任稼働チームがスムーズな導入に向けてサポートを行う。運用開始後も、カスタマーセンターがアフターケアにあたる。

システム導入の初期費用は10万円(税抜き)~で、月額利用料は5000円(同)~となっている。

関連サイト

「BtoBプラットフォーム 請求書」、Slack連携アプリの提供を開始

「BtoBプラットフォーム 請求書」公式サイト

Was this post helpful?