経産省と東証が選ぶ「DX銘柄2021」 最優秀は日立とSRE

経済産業省と東京証券取引所は2021年6月7日、今年の「DX(デジタルトランスフォーメーション)銘柄2021」28社、「DX注目企業2021」20社を発表した。このうち最優秀の「DXグランプリ2021」には日立製作所、不動産事業やAI(人工知能)関連事業などを手掛けるSREホールディングスの2社が選ばれた。

DX銘柄とは、デジタル技術を活用して事業や組織、業務の変革に取り組み、優れた実績をあげている企業のことで、2015年から選定が始まり、今年で7回目となる。19年までは「攻めのIT経営銘柄」だったが、20年からはDXを重視し名称が変更された。

「DX銘柄」の選定方法

東証に上場している企業からの申請書をもとに、学識経験者やデジタル専門家、投資家などからなる評価委員会が取り組み内容を評価し、選定する。評価項目は1.経営ビジョン・ビジネスモデル、2.戦略、3.戦略実現のための組織・制度など、4.戦略実現のためのルデジタル技術の活用・情報システム、5.成果と重要な成果指標の共有、6.ガバナンスとなっている。

日立とSREの評価ポイント

【日立】

顧客が持つデータや知見と同社の先進的なデジタル技術を結び付け、デジタルイノベーションを加速させるLumada(ルマーダ)を活用した新規ビジネス創出に取り組んでいる。DX戦略や社内基盤づくり、人材育成などに取り組み、DXをグローバルでのビジネス展開につなげている点などが評価された。

【SRE】

社長直轄のDX推進室をはじめ関係部署が社内外のDXニーズを収集し、不動産事業の現場社員とエンジニアが連携して業務のスマート化に取り組んでいる。その過程で開発したツールを不動産業界や金融業界の各社に提供。各社から不動産取引に関するデータの提供を受けることで、アルゴリズムのアップデートを行いAIの精度を高める「データエコシステム」を構築している。

関連リンク

経済産業省「DX銘柄2021」「DX注目企業2021」を選定しました

Was this post helpful?